机上の空論

便利な情報置ければなと。

ストリートファイター5:ベガ:対空関連

最終更新日:2016/03/02←2016/03/01(制作日)
最終更新で修正した箇所:キャミィのキャノンストライク対策
 
【目的】
ストリートファイター5のベガの対空関連の情報を自分用にまとめる。
 
【対空の重要性】
・ベガは地上牽制、火力、空中軌道変化と強い部分は持っているが、対空が弱いのでそこはプレイヤーの動きで補いたいところ。
・対空が出せないと、近距離で相手が有利な状況が即座に出来てしまうのでそれは避けたい。特に今回のベガは不利な状況で近づかれると切り返す手段が乏しいので対空はしっかりしたい。
 

【ベガの対空技】
[屈強P:主力となる地対空技、中遠距離で有効]
・強み:しゃがみなので低姿勢、上方向に強いのでタイミングをずらす軌道変化の飛びも落とす。
・弱み:前に判定が出るので、近中距離の飛びを落とせない(背中に相手が着地して殴られる)。発生が10Fなので、多少の反応は求められる。
 
[ジャンプ弱K:発生の早い空対空、近距離で有効]
・強み:発生が早い(発生3F)空対空なので、ベガの弱点である近めの飛びをとっさに落とせる。
・弱み:ダメージが低い(40ダメージ)。だが、まとわりつかれると厳しいベガとしては安くても落としたいところ。
 
[ジャンプ中P中P:火力の高い空対空]
・強み:決まれば必殺技まで繋げて高いダメージを出せる。
・弱み:反応と読みが求められる(ジャンプ+発生7Fで落とす)。遅れれば逆に相手の攻撃に潰されるリスクがあり、攻めが継続してしまう。
 
[その他]
・立ち強K:クラッシュカウンター狙い。だが、これするぐらいならジャンプ中P中P狙いたいところ。
・ジャンプ強P、ジャンプ強K:ニゲッティアとしては強い。
 

【キャラ別対空:キャラ名:飛び込み技】
[共通]
・遠~中距離:主力が屈強P、狙えるならジャンプ中P中Pでダメージ取る。
・中~近距離(めくり気味):安定は発生の早いジャンプ弱K、リターンはジャンプ中P中Pやジャンプ強K or 強P、あとは咄嗟に前ステでくぐる。
 
以下、トレモで調べただけなので実践で詰めていく必要性あり。
 
[リュウ:強K、強P、空中竜巻]
・屈強P:安定
 
[ケン:強K、強P、EX空中竜巻]
・屈強P:安定、EX空中竜巻も早めに出せばOK。だが、タイミングずれると一方的に轢かれる。
 
[ナッシュ:強K、ムーンサルトスラッシュ]
・屈強P:安定
ムーンサルトスラッシュ対策:立ち弱P、立ち中K、屈強P、立ち強K
・ベガのVスキルでムーンサルトスラッシュを迎撃することは出来ない。
 
[春麗:強K、強P、中K、Vスキル、低空百裂]
・屈強P:安定
・ジャンプ弱K:Vスキルを含めた、近距離の飛びに対応。
・低空百裂:屈中Pが安定、屈強Pでも落とせるが発生が遅いので微妙か。
 
[ベガ:強P、強K、デビリバ、ヘッドプレス]
・屈強P:普通の飛びは安定
・前ジャンプ、デビリバ、ヘッドプレスへの全対応の対空は難しい。もう少し、調べが必要である。
 
[バーディー:中P、中K、強K]
・屈強P:安定
 
[キャミィ:強P、中P、強K]
・屈強P:安定
・キャノンストライク対策:タイミングをズラす高めのストライクなら屈強Pで落ちる。EXストライクはタイミング次第で落ちたり、逆に潰されたりする。低空ストライクはバックジャンプ弱Kで対応する、だがEX低空ストライクはタイミングがちょっとでも遅いと轢かれる。飛びの強いキャラなので、そこは割り切る。
 
[ネカリ:強P、中K、2強K]
・屈強P:ベガの屈強Pは上方向に伸びているので、ネカリの軌道変化であるジャンプ2強Kも落とせる。
 
[バルログ:強P、強K]
・屈強P:安定
 
[レインボー・ミカ:強P、強K、弱K、2中P]
・屈強P:安定
 
[ラシード:強P、強K]
・屈強P:安定
 
[かりん:強P、強K]
・屈強P:安定
・立ち強K:かなり落ちる
 
[ザンギエフ:強P、2強P、強K、中K]
・屈強P:安定
 
[ララ:強P、強K、中K]
・屈大P:安定
※ララは飛びが強いと言われているので、もう一度調べ直す必要性ありそう。
 
[ダルシム:強P、ドリル]
・立ち弱Pでドリルをケアしつつ、前ジャンプは屈強Pが間に合う。というか、こいつは前ジャンプしてくるのか問題。
 
[ファン:強P、強K]
・屈強P:安定