読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

机上の空論

便利な情報置ければなと。

HearthStone:WarriorControlの使い方まとめ1

WarriorControlの自分なりの使い方をまとめておこう。何かの役に立つかも。
 
2014年4月のランクマッチで使用したWarriorControlデッキの内容は以下の画像を参照。

f:id:TiMaria:20140503014351p:plain

 
【戦術】
 アーマーアップやMinion除去、ドローカードを駆使して序盤を乗り切り、終盤に強力なレジェンドカードによって相手を葬り去るデッキ。
 
【マリガン方法】
(よく考えたら、マリガン方法そんな考えずにWarriorControl使ってた感あり・・・ドウシヨ、ちょっと箇条書きにしてくか)
 
・まず、コスト5以上のカードを最初に保有するパターンは無し。相手が武器を使う&試合が長引くとわかっていればHarrison Jonesを持っていても良いが、それなら手札を入れ替えて他のコスト3以下のカードを狙いにいきたい。
 
・コスト3以下で手札交換する対象となるカードはBig Game Hunterだろう。
 
・コスト3以下で手札交換するか曖昧なカードはFrothing BerserkerとShield Blockだ。相手が速攻デッキだったり、手札にコスト3以下のMinionカードがすでにあるかないかでも変わってる。ここらへん詰めが甘い。
 
【自分なりのキーカード:Acolyte of Pain】
 このデッキを動かしていて重要なカードと思ったのは「Acolyte of Pain」だ。他のカードは使ってしまえばある程度の効果は期待出来るし、破壊するにも多少の苦労を伴う。だが、Acolyte of Painは何も考えずに場に出すと体力3なので一撃で破壊される。つまり、カードを1枚引いて終わりだ。Acolyte of Painを使ったからには2枚以上のカードをドローしたい。
 
 そんなのAcolyte of Painを使う上では当たり前なのかもしれない。だが、もう1つのドローカードであるSlamも条件を満たさないとドロー出来ないので、Acolyte of Painの効果は最大限利用したい。意識して2枚以上のドローを狙っていく必要がある。
 
 逆にカードドローが上手くいけば、アーマーアップ、Minion破壊カードによる時間稼ぎやレジェンドカードを入手して場を制圧することが出来る。
 
【WarriorControlを相手にしている時の注意点】
・Armorsmithはウザイ。だが、このカードを無効化するために、貴重なカード(SilenceやMinion破壊)を使用すると後半のレジェンド軍団に圧殺される可能性あり。逆に自分が速攻系のデッキだったらさっさと排除したい所(Frothing Berserkerへの対処も同様と言える)。
 
・Acolyte of Painはなるべく一撃で倒したい。WarriorControlの重要なドローソースなので、これを一撃で葬れれば相手のキーカードの集まりは悪くなる。
 
・勝っているからといって調子乗ってMinionを多く場に出してしまうとBrawlで一掃される可能性があるので注意。次で終わりだ!と油断して、手札のMinionを必要以上に展開しないように。
 
・WarriorControlの強力な除去カードのExecuteの残り枚数は数えておいた方が良い。キーカードが一瞬で葬り去られるのは寒すぎる。
 
・Shield Slamの効果を下げるために、意識してWarriorのアーマーを削っておきたい。強力な除去カードであるExecuteが更に2枚追加された状態になってしまう。